学生だけどカードローンを利用したい

お金が必要になるのは、生活費の足しや洋服や靴などのショッピング、趣味への投資など様々な要素があります。
それは、年齢を重ねるごとに大きな金額になりやすいですが、若い方でもお金が必要になる場合は大いにあります。

特に社会に出て、自ら大きなお金を稼げるようになる前では、自分のために自由に使えるお金が少ないと言えます。
それが学生であれば、尚更自分の稼ぎが無い場合があり、親などに仕送りなどしてもらわなければいけない場合も多くあります。
そんな学生で、いつも親からの仕送りをしてもらっているにも関わらず、少し物欲に負けて生活費を使いすぎたと言う時もあり、どうにかしてお金を工面しなければいけない場合が出てきます。

このような時に、学生であってもカードローンを利用して、お金を借り入れることが可能なのでしょうか?

まずは年齢制限を確認

カードローンを利用するときには、各カードローン会社の申込条件を確認しなければいけません。
その申込条件の中に、年齢制限という項目があり、○○歳〜○○歳まで貸付可能という、同内容の記載がされているはずです。

学生と言えば、中学生や高校生や大学生などがありますが、なかなか中学生や高校生でお金を借りることはないでしょう。
大学生など、親元を離れて生活していると、お金を使う歯止めが効かないことが多々あります。

大学生と言えば、高校を卒業してすぐに大学生になる方から、社会に出てから再度大学に入学される方など、年齢が様々な方が集まってきます。
年齢制限があるカードローンでは、すべての会社で満20歳以上でないとカードローンの申込を受け付けていないようになっています。

これは、未成年と契約してはいけないという法律はありませんが、未成年との契約は保護者である親が取り消すことが出来るようになっており、これは「民法第5条 未成年者の法律行為」によって定められています。

ですので、カードローン会社としては契約が出来たとしても、代理人である親に契約を取り消されてしまうことになるので、年齢を成人である満20歳以上にしているわけです。
契約だけが取り消されるだけなら良いですが、未成年者が支払ったお金も返還しなければいけなくなります。

学生でも収入が必要

未成年の学生では、カードローンを申し込みすることが出来ないということが分かりましたが、成人である学生のすべてが申し込みすることができるのでしょうか?

再度、カードローンの貸付条件の項目を見てみると、年齢制限と一緒に「安定した収入がある方」という内容が書かれていることが分かるはずです。

カードローンでお金を借りると、必ず返済しなければいけませんが、しっかり返済出来る能力がなければ、貸付を行っても返してくれなくなる可能性があります。
そのような方にカードローン会社は、貸そうとはしません。
これは、学生であっても同じことで、収入がない学生にはカードローンを契約出来ないことになります。

「学生なのに会社に勤務できない」と考えてしまいそうですが、会社に正社員として勤務するだけが収入を得る方法ではありません。
アルバイトやパートで働くことで収入を得ている学生なら、カードローンを契約することが可能です。

しかし、アルバイトで収入を得ているからと言っても、すぐにアルバイトを辞めたりしている場合には、カードローンの審査で落ちる可能性がかなり高くなってしまいます。
「安定した収入」というのがポイントで、アルバイトでも長い期間働いている方など、アルバイトでしっかり生計を立てており、返済能力も十分にあると審査で判断されることが重要です。

まとめ

学生でカードローンを契約する場合は、成人していることが基本で、尚且つ自ら収入を安定して貰っていることが重要になります。
高額な借り入れは、学生のアルバイトでは難しいですが、少しショッピングの足しなどぐらいなら、十分に審査に通ることは可能ですので、申込されてもいいと言えます。

Posted by cardloan