自分に合ったカードローンを利用したい

急な出費が必要になってからカードローンを検討される方がほとんどで、色々とカードローンを見ていると、様々な特徴があるカードローンを見かけるはずです。
カードローンですので、借りたお金は返済しなければいけませんし、それに利息を加えていかなければいけません。
これは、どこのカードローンを選んでも同じことが言えて、利用者に利益が出るようなカードローンはありません。

しかし、自分が利用したいカードローンや、利用されるシーンによって合っているカードローンというものはあり、合っているカードローンを選択することで、通常よりお得にカードローンを利用できる可能性は高くすることが出来ます。
毎月払う利息の軽減に伴う最終的な支払総額の減額や、ストレスになりにくい返済というのが、カードローン利用には大変重要な項目にもなります。

どのような状況で、そのようなカードローンが合っているのか、解説していきたいと思います。

借り入れから返済までの期間が短い

住宅ローンやマイカーローンなどを利用されたことがある方は知っていると思いますが、金額が大きくなるため、返済期間も長期に及ぶことになります。

一方でカードローンは、高額な借り入れになるケースもありますが、比較的借入金額は少額なケースが多く、給料日や臨時収入までのつなぎの借り入れに使われる場合もあります。
次の給料日やそれに近い期間でお金の工面が出来る場合、返済期間は1ヶ月前後で終えることが出来るはずです。

このような時に、とても有効でお得なカードローンになるのが、無利息期間がサービスとしてつけられているカードローンです。
テレビCMや広告などで見たことがあるかもしれませんが、プロミスやアイフルなどの大手消費者金融が行っている場合がほとんどです。

無利息期間というのは、期間内に借り入れたお金に対して、その期間内であれば利息が発生することはないというオトクなものです。
無利息期間は、多くの場合「最大30日間」と設定されていることが多くなっています。
ですので、次の給料日にすべての借入金額を一括返済するなどすれば、利息を支払わずに完済することが出来ます。
借りていたけれど、借りていない状況と同じように出来るわけです。

比較的返済期間が短い場合などに、効果が大きくなると言えます。

借り入れから返済までの期間が長い

次は反対に、借り入れてから完済出来る期間が比較的長くなるときには、どのようなカードローンが合っているのでしょうか。

返済期間が長くなる場合は、毎月支払っていく利息も多くなることになります。
借入金額も大きくなる場合が多くなり、利息もその分大きなものになります。
ですので、カードローンの特徴として低金利と言われるカードローンを選択することがオトクなカードローン選びであると言えます。

低金利と言われるカードローンは、銀行カードローンが代表と言えます。
上の項目で紹介した消費者金融のカードローンは、銀行カードローンと比べると、金利が高くなることが通常で、年4%以上低くなることがあります。
年4%変わってくると、単純計算でも100万円で4万円の利息に違いが出てきてしまうことになります。

ATM利用が多くなる

今はとても便利な社会になっているので、コンビニに設置されているATMで、今利用しているカードローンが提携していれば、借り入れや返済を行えるようになっている場合が多いです。
これは特に大手のカードローンであれば、一般的なことになっています。

ですので、大手消費者金融や都市銀行のカードローンを選択すれば、それほど困ることはないと言えます。
しかし、提携ATMの利用には、金額に応じてや利用時間に応じて手数料が発生することが多くあります。
それは、消費者金融のカードローンが特に言えることです。
自社のATMは少ない分、提携しているコンビニATMなどは充実していますが、平日であろうとも手数料が金額に応じて発生するのが、消費者金融のカードローンであると言えます。

銀行カードローンでも手数料が発生するケースはありますが、平日休日問わず、提携コンビニATMで手数料無料としている銀行カードローンも多くあります。

なるべく早く借りたい

根本的に金利が低いのが良いが、すぐにお金を借りたいので、金利などは気にしないという方もいます。

比較的金利が低いカードローンである銀行は、審査に時間がかかりやすいと言えます。
今では、即日利用が可能な銀行カードローンも増えましたが、確実に当日に利用できるとは言い切れません。

金利は高くなってしまいますが、消費者金融の方が審査時間が短い場合がほとんどで、最短審査時間が30分〜1時間となっているのが一般的です。
申込状況などで審査時間が伸びてしまうこともありますが、大変短い時間で審査回答されると言えます。
平日の午前中までに申し込みを完了させていると、午後の早い時間までに利用できることが多いのが、消費者金融の特徴であると言えます。

Posted by cardloan