カードローンにおけるスコアリングシステムによる審査

消費者金融のカードローンと言えば、即日融資が当り前のようになっていますが、そのためには審査をスムーズに終わらさなければなりません。

消費者金融のカードローンには「審査時間が最短30分」と謳っているものもあります。これだけ速い審査を可能にしたのは、コンピュータを利用したスコアリングシステムと、指定信用情報機関への情報の集約です。

スコアリングシステムとは

スコアリングシステムは大雑把に言うと、申込者の個人情報をコンピュータにインプットし、アプトプットされたスコア(点数)で申込者の貸出の可否や利用限度額を判定するシステムのことです。

コンピュータには過去から集積された莫大な数のカードローン利用者の個人情報や取引実績、返済事故などがインプットされています。そして、それらの履歴を参照して個人情報ごとに評価が設定されています。

例えば、年収がいくらなら何点、勤続年数が何年なら何点、仕事の業種が何なら何点などと、ランクが付けられています。

申込者の評価

カードローンを申込む時には必ず、申込用フォームに個人情報を記入します。そして、記入された年収や雇用形態、勤務業種、勤続年数、年齢、家族構成などの個人情報をコンピュータにインプットすると、瞬時に申込者の評価点数がアウトプットされます。

同じ個人情報の人に、延滞などの返済事故が多ければ評価点数は低くなり、安定的な借入や確実な返済が多ければ点数は高くなります。

このスコアリングシステムが採り入れられたことで審査時間が大幅に削減され、即日融資が実現しました。

指定信用情報機関の信用情報を照会

スコアリングシステムによって貸出の判定を速くできたとしても、申込者の信用情報の調査に時間がかかったのでは全く意味がありません。

ところが、現在では全ての貸金業者におけるカードローンの信用情報が指定信用情報機関に集約されています。従って、指定信用情報機関に申込者の信用情報を照会すれば、どの貸金業者からいくらの借入があり、返済状況がどうなっているのかを一瞬で把握できます。このことが、即日融資を可能にしているもう一つの大きな要因です。

まとめ

銀行カードローンの即日融資が難しくなった現在、消費者金融カードローンの即日融資は大きなメリットです。

即日融資を可能にしたのは、消費者金融における長年のカードローン事業の積み重ねであり、それによってもたらされた莫大なデータです。それとともに、改正貸金業法によって全貸金業者が指定信用情報機関への加入を義務付けられたことも大きく影響しています。

Posted by cardloan