カードローンの申込過多による申込ブラック

カードローンの新規契約に申込んだとしても、審査があるため、全員が利用できるようになるわけではありません。

また、審査に落ちた理由はどの貸金業者も開示しないため、申込者には分かりません。そこで、審査に通らなかった人の中には他業者のカードローンなら審査に通るかもしれないと、立て続けに申込む人がいます。ところが、その行動が却って審査に悪影響を与えます。

申込ブラックって何?

一度に何件ものカードローンに申込むと、貸金業者は申込者が「よほどお金に困っている」、または「何か裏に作為がある」と判断します。そうなると、回収不能になることを避けて貸出を拒否します。このように、多重の申込によって審査からオミットされることを「申込ブラック」と言います。

最近はカードローンの審査が厳しくなる傾向にあり、1ヶ月間に3件以上の申込をすると申込ブラックとなり、どこの貸金業者のカードローンにおいても審査から除外されることになります。

同時申込が判明する理由

現在では、貸金業法によって全ての貸金業者は指定信用情報機関(日本信用情報機構、またはシー・アイ・シー)に加入することが義務付けられています。そして、貸金業者は利用者の個人情報やカードローンの契約内容、貸出金額、返済状況などの信用情報をすべて指定信用情報機関に報告しなければなりません。

また、貸金業者はカードローンの契約申込を受けた場合、審査において必ず申込者の信用情報を指定信用情報機関に照会するシステムになっています。それによって、全ての貸金業者が申込者の情報を把握することになります。

申込情報は記録されている

実は、申込者の中に、「カードローンに申込んでも、借入をしなければ記録は残らない」と誤解している人が少なくありません。実際には、貸金業者が申込者の信用情報を指定信用情報機関に照会した、という記録が登録されます。だから、申込ブラックが生じるのです。カードローンのホームページには、「6ヶ月以内の複数回にわたるお申込みはできません」と掲載しているものがいくつかあります。

なお、申込記録は指定信用情報機関において、6ヶ月間保管されます。従って、2社のカードローンに申込んだ場合は、6ヶ月が過ぎるまで新たな申込をしない方が賢明です。

まとめ

カードローンに申込む上で、自分の信用情報が気になる場合は、自分の信用情報を指定信用情報機関から開示してもらうことができます。

信用情報を開示もらうのはそれほど面倒くさいものではなく、1,000円の費用で簡単に手続きができます。2つの指定信用情報機関とも、ホームページから申込むことができ、日本信用情報機構は信用情報が郵便で送られ、シー・アイ・シーはホームページからダウンロードします。

Posted by cardloan