カードローンからの借入金を一括返済した場合の過入金 

クレジットカードでの買物は、翌月に一括払いすれば手数料を取られませんが、カードローンは1日でも借入をすると利息を支払うことになります。

従って、借入残高を完済できるだけの資金的な余裕ができた場合は、1日でも早く残高を一括返済することが無駄な利息を取られずに済む得策となります。そして、カードローンはいつでも一括返済ができるシステムになっています。

まずは借入残高の確認

借入残高を一括返済する場合は、返済すべき金額の確認が必要です。ATMを利用した場合は利用明細書が発行されますし、口座引落しの場合は利用明細書が郵送されてきます。その利用明細書で借入残高が確認できます。

仮に、利用明細書を無くしたり、利用明細書を発行しない電子データによる管理を選択したりしている場合は、業者のWEBサイトにある会員ページで確認できます。そして、借入残高に一括返済する日までの利息を足したものが返済すべき金額です。なお、利息の計算が分からない場合は、コールセンターに問い合わせれば教えてもらえます。

一括返済に効果的な返済方法

返済残高を一括返済する場合、注意の必要なのが端数のお金です。カードローンの利息は日割り計算になっているため、借入残高には1円単位の金額の出るのが一般的です。

その場合、Pay-easy(インターネット振込システム)を利用すれば、端数までピッタリ返済することができます。しかも、振込手数料が無料になっているため、Pay-easyを利用できるカードローンの場合はPay-easyを利用するのが賢明です。

なお、銀行振込でも端数まで返済が可能ですが、高い振込手数料がかかるため、得策とは言えません。

過入金に対する返金

返済はコンビニATMからもできますが、困るのが1,000円以下の端数の入金です。コンビニATMは硬貨での入金ができないため、完済ができなくなります。

しかし、心配は要りません。カードローンで過剰に返済した場合は過剰分が返金されます。例えば、借入残高が13万6,450円だった場合に、紙幣で13万7,000円を支払うと、550円が過剰入金となります。その場合、550円が「預り金」として業者に保管されます。

会員ページの利用明細を見れば、預り金として550円が記載されています。そして、メールや電話などで業者から連絡があり、次回の請求分から相殺するか、銀行口座に振込むか確認されます。なお、銀行口座への振込手数料は業者が負担します。

まとめ

実は、カードローンでは1,000円未満の残高があったとしても「完済扱い」になるため、端数の残高に対して利息が付いたり、支払いの請求が来たりすることはありません。つまり、前記の13万6,450円の場合、13万6,000円を返済すれば完済したことになります。

そして、改めて借入をする時には従来と同じ条件で利用できるため、そのままにしておいても問題はありません。いずれにしても、返済できる時に返済することがカードローンの効果的な利用法となります。

Posted by cardloan