即日融資が不可能になった銀行カードローン

近年、大手銀行のカードローンの利用者が急増していますが、その理由には信用力が高い、金利が低い、コンビニATMの手数料が無料、総量規制などの規制を受けない、などが挙げられます。

それとともに、即日融資が可能ということも大きな要因になっています。しかしながら、その銀行カードローンの即日融資が、2018年からほぼ不可能になっています。

不適切な貸出が横行した

銀行カードローンは消費者金融カードローンと違い、総量規制が適用されないためか、利用者の返済能力以上の貸出が目立つようになりました。

実際に、2010年に総量規制が施行されてから減少していた自己破産数が近年再び増加に転じており、その原因は銀行カードローンと言われています。

現実に、2017年において、銀行カードローンの貸付残高は消費者金融カードローンの貸付残高の2倍以上に増加しています。その結果、反社会的団体にまで貸出が行われていたという事件まで発生しています。

審査方法の変更で対応

反社会的団体に資金が流れていたこともあり、銀行カードローンは2018年から警察庁のデータベースへの照会という審査が追加されました。従来の銀行カードローンの審査は、保証会社である貸金業者が自社の審査機能で申込者の返済能力をチェックし、指定信用情報機関へ申込者の信用情報を照会するという2段階の審査で貸出の可否が決定されていました。

しかし今後は、銀行が加入している預金保険機構を通じて警察庁のデータベースに接続し、申込者の情報を照会するシステムが加わります。従って、事実上即日融資が不可能になります。

貸付自粛制度の導入

全国銀行協会は新しい審査システムと同時に、「貸付自粛制度」を導入しています。これは利用者の多重債務を防止するため、利用者やその家族から追加融資の停止の申し出があった場合、銀行が自ら融資を制限する制度です。さらに、新たな審査制度の導入に先立ち、2017年からは各銀行の貸付残高が公表されるようになりました。

ちなみに、日本貸金業協会ではすでにこの貸付自粛制度が稼働しており、貸付自粛の情報を指定信用情報機関に5年間登録することで、全貸金業者からの貸出が制限されます。

まとめ

今回の新たなシステムによって、緊急の借入には銀行カードローンを利用できなくなりますが、即日融資以外のサービスが変わるわけではありません。継続的な長期の借入をする上では、銀行カードローンの低金利のメリットは変わりません。いずれにしても、返済能力以上の借入をすることは、銀行カードローンであろうと消費者金融カードローンであろうと、危険以外の何物でもありません。

Posted by cardloan